読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

35からの高齢出産育児記録

35歳で初めての妊娠・出産・育児記録

妊娠22週目 カルシウム摂取

妊娠22週目に入りました。妊娠期間の半分は過ぎましたが、まだまだ先が長く思えます。

妊娠中は特に意識をして、カルシウムが多く含まれる食品を食べるようにと、病院の母親学級でも保健所の両親教室でも言ってました。
妊娠してから昨日まで、カルシウム摂取量の不足を補うために毎日スキムミルクサプリメントを摂っています。
牛乳をごくごく飲めたらよかったのですが、乳糖不耐症で大量に飲むとおなかがゴロゴロするので今までスキムミルクとサプリに頼ってました。
でも、どうせ摂るならカルシウムの吸収率が高いもののほうがいいですよね。

私は乳糖不耐症ではあるものの、少量かつ温めてあれば牛乳も摂取できます。
どのくらいなら飲めるのか妊娠前に自分で調べた時は、ホットミルク50~60mlくらいまでならおなかをこわすことなく飲めました。そのぐらいの量が私の腸内細菌にとっては乳糖を発酵分解する限界なのでしょう。

乳糖不耐症の人にヨーグルトをすすめる人も多いけど、ヨーグルトの乳糖って、完全には分解されてなくて残ってますからね。私はヨーグルトでも牛乳と同じおなかの壊し方をします。
ヨーグルトも妊娠前にどのくらいの量までならおなかをこわさず食べられるのか試したところ、60gまでは常温に戻した上でゆっくり食べたら支障なくいただけました。100g以上だと、日によっては無理でした。

ところで、毎日規則的に乳糖を摂取することで腸内細菌が増殖しておなかをこわさなくなってくるときいたのですが本当でしょうか。
乳糖不耐症の人でも妊娠中は乳糖の分解能力が上がると言われたこともあります。
今まで量を測って規則的に乳製品を摂取するなんて面倒でやってませんでしたが、カルシウム摂取のためにも頑張ってみますか。

今日から計量カップやスケールで量を測りつつ牛乳50mlとヨーグルト50gを毎日摂っていきます。