35からの高齢出産育児記録

35歳で初めての妊娠・出産・育児記録

1歳7カ月 ドアの安全対策その後

娘がドアを触るようになったり歩くようになったらと考えて産前に用意していた安全対策、二つとも役立っています。
ドアの蝶番側に付ける指はさみ防止の蛇腹状のグッズは娘がつかまり立ちを始めてドアの蝶番に興味を持ったころに指を挟まないようにするのに役立ちましたし、ドアノブにつけるクッションも毎日娘がドアを開け閉めしようとするたびに仕事しています。

元々産前に探してたドアの安全対策グッズは以下の三つのタイプのでした。

  • ドアの開閉側(ドアノブ側)につけるドアクッション
  • ドアの吊元側(蝶番側)につける指はさみ防止グッズ
  • ドアのアンダーカット(ドアと床の間の通気用の隙間)に足指を挟まないようにする防止グッズ

このうち最期のドアのアンダーカットに指を挟まないようにするグッズが見付からなくて困ってましたが、いざ娘が産まれて歩くようになったら娘の場合は必要ありませんでした。うちの娘は夫に似たのかとてもとても慎重な性格で、ドアの傍に居る時はドアを見守っていて、ドアを誰かが開け閉めしようとするとすぐ移動して避けるのでこれまで一度もドアの下に指を挟んでいません。

もう少し娘が成長して今の慎重さがなくなったらわかりませんが、今のところは必要ないようです。

 

 

1歳5カ月 口を手で覆って笑う

ほんの数日前からなのですが、娘が大きく笑う時に口を手で隠すように覆って笑うようになりました。軽くフフッて笑うときにはしなくて、大きく口を開けて声を出して笑うときにだけ。

夫は笑う時に手で隠す習慣はないし、私も娘の前で大笑いしてる時はしてないし、娘がどこから影響を受けてその仕草をし出したのか謎です。周りの大人にも娘の前でそういう笑い方してる人は見当たりません。

娘の笑い方が気になってから注意するようにしたら、TVで見たプリンセス〇〇〇は大笑いする時に口に手を当てているのに気付きました。

まさかプリンセスの影響なんでしょうか。週に1回しか見てないのに?

1歳3カ月~1歳5カ月 電子パッドでお絵かきするようになるまで

これは磁石式のお絵かきボードから電子パッドに切り替えて、娘がその電子パッドでお絵かきするようになるまでのお話です。ダラダラ書きます。

1歳3,4カ月の頃に百均で買った持ち運びしやすいサイズのお絵かきボードを捨て、再び百均で買うのをやめました。先に磁石のついたペンでボードの表面をなぞると線が描けて、レバー式を左右にスライドさせると線が消去されるあのお絵かきボードです。

正確に言えば私が自分の意志で捨てたのではなく、そのペンの安全性に懸念を抱いた夫に捨てられました。夫には磁石のついたペン先が日をおう毎にグラグラ取れそうになっていくように感じられていたらしく、お絵かきボードを見る度にチェックして、ある時に「ペン先がグラグラで不安だから」と捨てられました。

私が買った時にチェックした時にはペン先はしっかりくっついていたし、毎回夫が気にする度に私がチェックしても私の感覚ではグラグラしてなかったし、夫が捨てたものをこっそり確認した時もペン先の磁石はちゃんとくっついていました。
お絵かきボードは娘のご機嫌を取るために私が何か絵を描いて娘に見せるために使用しており、ペンは娘に渡さずにいたので、夫の懸念がいまいち私には理解できないでいました。SNSで百均のお絵かきボードのペン先が取れたというツイートを見るまでは。

あれ取れるの?取れた時に私が気付かなかったら磁石を娘が飲み込んでしまう?磁石飲み込んだら大変!と、一気に血の気が引いて、お絵かきボードを百均で買い直すのはもうやめました。

その時1歳3カ月の娘に合った対象年齢のものを買おうと百均ではないお絵かきボードを探し始めました。また捨てられないように夫に買う前に候補を見せたところ、どのお絵かきボードも付属のペンが危ないと却下されました。

持ち運びしやすい大きさで、軽くて、壊れても買い替えやすい価格で、付属のペン以外でもお絵かき出来て、インクが要らない。そんな希望を全部満たすお絵かきボードみたいな商品をどこかで見たぞと思ってAmazonで検索したら、ありましたありました。電子ノート。
Amazonで商品説明とレビューを見比べて、指で書けて消去用の電池が交換出来て小さくてある程度線の明暗がはっきりしてそうな電子パッドを選んで買いました。

買ったのはNEWYES 電子パッド。

4.5インチの小さい電子ノートです。買ってすぐに付属のペンは取り外して娘の手の届かない鍵付きの場所にしまい込みました。

購入した最初の頃は、私が何か絵を描いて見せて、娘が消去ボタンを押して消して、また私が何か描いて娘が消して、の繰り返しをしてました。線の明暗が磁石式のお絵かきボードの時よりはっきりしてなくて、娘がお絵かき機能に興味を持ってくれてなかったのです。
これは買い物失敗だったかもと思いはしましたが、インクなしで爪で描けてボタン一つで全部消せるのはとても楽でそれからも娘に何か描くときに使い続けて約1ヶ月。だんだん娘も電子パッドを使うようになりました。

今は私が何か線画を描いて見せてそれを娘が気に入ると上から塗り潰し、気に入らないとボタンで絵を消去します。娘はお絵かきしたい時に電子パッドを取り出して何か真面目な顔して描いています。

電子パッドを買った時はとりあえず安価なものを購入して線が見えないなど支障があるようだったらより高価な国内メーカーの商品を買い直そうと思ってました。今のところ安価で小さい電子パッドで事足りてますので、娘が今の電子パッドより大きいものを欲しがるようになったら買うことにします。

1歳1カ月 たっち&あんよ増量中

ベビーサークルを撤去しました

これまでのうちの娘はいつも自宅のリビングにいるときはベビーサークルでつたい歩きしてばかりで、つたい歩き以外では1,2歩しか歩こうとしませんでした。たっちやあんよができることはできるのですが、それを披露するのはつかまるものがない我が家のトイレ前の廊下だけ。(しかも私のトイレ使用中のみ)
なので、リビングで娘がよく遊んでいるクッションマットの敷いてあるスペースからベビーサークルを撤去しました。

ベビーサークル撤去後娘はつかまるものがなくて困った顔をしてましたが、たっちとあんよをするようになりました。
たっちする度に夫と一緒に全力で褒めていたところ、娘はテンションアップ。とても嬉しそうに大笑いしながら立つようになりました。

お風呂の失神対策

お風呂は基本シャワー

妊娠してから、家に他に大人がいない場合のお風呂はシャワーだけにしています。
産後も娘はベビーバスで入浴させて私はシャワーだけで済ましてました。
私が浴槽にお湯を溜めて浸かるのは、家に私以外の大人が意識がある状態でいてくれるときだけです。自宅に夫が居ても夫の飲酒時と睡眠時にはシャワーだけになります。
その理由は血圧の変動が少ない(気がする)し手軽だしといろいろありますが、一番大きい理由は「死なせたくないから」で次に大きい理由は「死にたくないから」です。

シャワーだけにした理由 その1

私は入浴中に立ちくらみ(眼前暗黒感)がきて失神してしまうことが産前からたまにありまして、一番頻発していた学生時代は月に数度の頻度でシャワー中に気を失って気付いたら浴室の床で横になってました。頻発していた時期は早朝と深夜にバイトをしていて大学の授業も朝一から全枠出席しており、食事も睡眠もうまく取れてなかった時期でもありました。
娘と浴槽でお湯に浸かった状態で意識を失ってお湯に沈んだら、と思うと怖いです。シャワー中でも失神したら身体のどこかを打って怪我をする可能性がありますが溺れる可能性は低くなります。

シャワーだけにした理由 その2

昔のことですが、私の親戚に若くして小さい子を残して亡くなった女性がいました。まだお子さんが1歳になる前の頃に湯船で全身浸かった状態でその方は発見されました。産後の疲れが取れてなくて大変らしいから親戚間で誰か手伝いに行こうかと話してる最中だったそうです。10代の頃から体が弱くてよく目眩を起こしている儚げな人だったそうです。
私は儚げでもなんでもないですが、そのことがあって「産後の入浴時には気をつけて」と小さいころからきいてました。

立ちくらみ・失神の対策

浴室で立ちくらみが起きないように、血圧を下げないように気を付けてもいます。
立ちくらみは、長湯をしたり、急な動きをしたりするとすぐおきます。なので長時間浴室にいることを避けて、浴室ではゆっくり動くようにしています。

立ちくらみ・失神が起きたときのために気をつけてはいるもののまだまだ立ちくらみする時があるので、以下のことをしています。

  • 浴室に複数手すり設置
  • 倒れた時や視界が暗い状態で横になる時に邪魔にならないように床に物を一切置かない
  • シャワーは椅子に座って浴びる
私だけじゃなかった

産後の訪問で自宅にいらした保健師さんには産後1カ月経ったらベビーバスの入浴は卒業して子どもと同じ湯船でお湯に浸かってふれあうようにと指導されたのですが、しませんでした。保健師さんや助産師さんに相談したこともあったのですが、たまたまタフな人ばかりだったのか「それでもみんなちゃんとお湯に浸かって洗ってるのだから」というような返答でしたので家に頻繁に来る親戚や夫以外には私と娘のお風呂事情を話さなくなりました。

産後7カ月くらいまでは毎日フラフラで立ちくらみしてばかりで「この状態で気を失ったら娘か私のどちらかか両方が彼岸行き!」と思うタイミングがたくさんありました。でも、周囲のママさんたちを見ているとみなさん明らかに私より活発で元気。お風呂で失神するひとは私以外にいないのかも、と思い始めた頃にTwitterでお子さんと入浴中に失神したかたのtweetを読みました。返信欄を見たら同じような経験のあるかたが他にもいました。

私だけじゃなかった。