読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

35からの高齢出産記録

35歳で初めての妊娠・出産記録……になるといいなぁ。

生後19日目 腱鞘炎対策

産後

腱鞘炎になりました

毎日両手で3kg前後の新生児を抱っこする生活を続けていたら、手首が痛くて何をするにも支障が出るようになりました。
数日前から抱っこするときに右の親指から手首にかけて痛みが走っていたのが、とうとう痛みで哺乳瓶を洗うのさえ困難になってきました。

ドゥケルバン病(狭窄性腱鞘炎)かな?

今の私の右手の状態は、左手で右手の母指をもって小指側に曲げると手首の痛みが強くなるので、ドゥケルバン腱鞘炎になっているようです。
症状が重くなると親指のあたりが腫れて、痛みと張れで親指を動かせなくなってしまうので、今のうちに対処したいです。

腱鞘炎への対処

以前キーボードの打ち過ぎ&手書きのし過ぎで腱鞘炎になったときは湿布と塗るタイプの鎮痛剤で痛みに対処していました。
でも、今は赤ちゃんに触るので塗るタイプの薬は使いたくありません。人工ミルクの用意やミルクを吐いた服の洗濯の下洗いなど水仕事も多いので湿布も使いづらいです。
なので、水仕事がしやすくて手に薬を塗らないで済む対処を取ることにします。

抱っこは腕全体で支える

抱っこで腱鞘炎になるのを防ぐには、手首に力を入れずに腕全体で支えるように抱っこするのがよいそうです。
もっと産前に腕の筋トレしておいたり赤ちゃんの抱っこに慣れる練習をしておけばよかったと後悔しています。産院で抱っこのやり方を何度も教えてもらいましたが、慣れてないので教えてもらったようにはうまく腕全体で支えられなくて、私の抱き方は手首に負担をかけてしまっています。

追記:
産後にもらった本『 ママのための産後すぐから2ヶ月間の本』によると、授乳時は赤ちゃんの頭を手首で支えるのではなく 肘の内側で支えるようにと書いてありました。

授乳時には授乳クッションを使う

産院の助産師さんが訪問してくれたときに、授乳時に授乳クッションを使うと腱鞘炎にもなりにくいと仰っていました。(よいアドバイスがないかとメモを見返したら書いてました)
赤ちゃんの頭を授乳クッションに乗せて、授乳クッションに頭を支えれば、手首や腕への負担が減りますね。

追記:
『 ママのための産後すぐから2ヶ月間の本』には、腱鞘炎を防ぐための工夫として、肘の下にクッションや授乳枕をおいて力を分散させることが書かれてました。

腱鞘炎サポーターを使う

痛くて困るということを育児の手助けに来てくれた夫の母に相談したら、「腱鞘炎サポーターが要るわね」と冷静にアドバイスをくれました。
それを夫に話したら今日の買い出しのついでにとドラッグストアで腱鞘炎サポーターを買ってきてくれました。

夫が買ってきてくれたのは「バンテリンサポーター 手くび用」の「ふつうサイズ(手首周囲 15~17cm)」です。私の手首の太さは13.5cmなので、手首周囲 13~15cmの「小さめサイズ」が欲しかったのですが店頭にはなかったらしいので仕方ありませんね。サイズは少し違いますが、13.5cmの手首にふつうサイズを装着しても痛みが軽減するので使えているようです。

腱鞘炎サポーター、あるとないとでは全然痛みが違いますね。
痛みが全部消えるわけではないのですが、サポーターをしていると痛みが3分の1以下に減ります。

音声入力を使う

全ての作業で手を使わないのは難しいので、置き換えれる作業だけ手を使わないものに置き換えてます。
検索や記録のための文字入力はほぼ音声入力でするようになりました。ここに書くのもスマホやパソコンで音声入力した文章に句読点や改行など付け足して書き込んでいます。おかげでキーボードを打つ量が90%近く減りました。

箸を使わない

よく腱鞘炎になる人に私も腱鞘炎になったと話したら、食事の際には箸を使わずにスプーンやフォークを使って手に負担をかけないようにするといいとアドバイスされました。

生後18日目 赤ちゃんニキビ

新生児期 乳児期

産まれた時からニキビ?

娘には産まれた時から鼻の頭にニキビのようなものができていました。

産院で受けた沐浴指導で、「新生児はニキビのような湿疹が顔に出てくることもあるから、石鹸で油を落として洗ってあげて」と言われていたので、鼻の頭だけは最初からベビー石鹸で洗ってました。「悪化すると脂漏性湿疹になる」と言われたので沐浴時は鼻の頭を念入りに洗い、鼻の頭はだんだんきれいになってきています。

新生児ニキビ?

今朝起きて明るいところで娘の顔を見たら、赤い湿疹のようなものが左の頬にポツポツ広がってました。ちょうどいつも娘が自分の指で引っ掻いているあたりです。
症状からして「新生児ニキビ」みたいです。
追記:生後19日目
左ほどではないけど右頬にも赤いブツブツが少しできています。
沐浴のときに注意して石鹸で洗って皮脂を落としているからか、毎日沐浴のあとには赤みが薄れて状態がよくなります。でも、夜が明けて朝見ると湿疹の範囲が少しずつ広がって悪化しています。
新生児ニキビは清潔を保てばなくなるものらしいので、夜間の授乳時に母乳か何か顔についたものを拭き取り逃しているのかもしれないと思っています。
湯冷ましで濡らしたガーゼで軽く顔を拭いて皮脂を落とすと少し赤みが減っていく気がします。
追記:生後20日目
左頬のブツブツはよくなってきましたが、右頬のブツブツが増えてきました。
追記:生後21日目
今朝はおでこにも1つブツブツができていました。
追記:生後22日目
今朝見たら、眉間にも2つくらいブツブツができてました。
追記:生後23日目
今朝見たら、おでこのブツブツは赤みが引いてきてました。
でも、額の右端に新しいブツブツが1つ増えていて、とうとう両瞼の上にも赤いブツブツが広がってきてしまいました。
朝に顔を湯冷ましで濡らしたガーゼで拭くだけでなく、石鹸で洗おうか悩みます。

妊娠40週目 出産しました

妊娠後期

新月の頃に陣痛が来て、入院し、3000gを超えた娘を出産しました。

出産当日まではこのままの調子だと予定日を大幅に超過するかと思ってましたが、しませんでした。
出産予定日前日に前駆陣痛から本陣痛に繋がりそうだったので、念の為に産科病院に電話して入院させてもらうことにしました。
まだその時は夫も私も多少の余裕があり、あらかじめ準備した入院用品を全部手にしてタクシーを呼び、病院へ向かうことが出来ました。

入院当夜は、一度分娩室に入ったものの子宮口がまだ開いておらず、私はまだお腹が張ってない方だと一度病室に返されました。

新月のためか、私の後からどんどん陣痛の始まった妊婦さんが陣痛室や分娩室に入っていき、出産ラッシュが来てました。
今日はすごいのねぇ、とのんびり考えてたら自分の陣痛も強くなってきてナースコールを押して分娩室へ向かいました。

その後、起きたこと&説明されたことを頭で整理できてないので、手元のメモにあるだけ箇条書きします。

  • 陣痛
  • 担当医は妊娠36週目以降に最も多く診察をした医師
  • 子宮口が5cm開いたが医師がいないため麻酔はまだ、どんどん痛くなる
  • 担当医ではないが早朝の呼び出しに応じた医師が到着
  • 背中に管を通す
  • 和通分娩開始
  • 「少し痛くなったら力を入れればいいから」と言って隣の部屋へ処置をしに行く無口な医師
  • 分娩室から陣痛室へ移動(私より進行の早い妊婦さんと部屋を交替)
  • 最初自然分娩希望で途中から和通分娩希望の妊婦さんは、子宮口の開きがもう大きく今更和通に切り替えられない状態
  • 痛みが遠ざかる、うとうとする
  • 微弱陣痛
  • 隣の分娩室から大きな叫び声が聞こえ続けている
  • 隣の分娩室で立ち会っていた旦那さんの励ます声が途中から聞こえなくなる
  • 隣室から赤ちゃんの泣き声とおめでとうございますコールが聞こえる、羨ましい
  • 麻酔の量が減らされて痛みが復活
  • 非常に痛い
  • (夫が待合室や廊下で待機していたので)夫は立ち合い希望なのか何度も確認される
  • どせき
  • 夫は立ち合いをしなくても、病院にいてくれると(同意書のサインなどで)助かる
  • 陣痛促進剤を入れる
  • 激しく助産師さんから応援される
  • 部分麻酔
  • 会陰切開?パチンパチンパチンと3カ所か4カ所切る音がしていた
  • おめでとうございますコール
  • 会陰を縫合しつつ気を紛らわすために雑談(と見せかけて既病歴を確認)する医師
  • 子宮収縮を促すための?おなかの上からのマッサージが痛い
  • 「痛い」と言うたびに医師が必要性を細かく説明してくれた
  • 胎脂を拭われた赤ちゃんと対面
  • 赤ちゃんの手足の爪が長い
  • 赤ちゃんの鼻にニキビがある
  • 出血多量?輸液を入れるほどではない?
  • 分娩代から車椅子で別室へ行き一休み
  • 車椅子で病室へ
  • 2時間後?に起きてよい
  • 産後最初のトイレはナースコールして見張りつき
  • 黄色のガーゼ5枚、冷蔵庫へ入れる
  • 内側から黄色ガーゼ→Mサイズ産褥パッド→ギャザーパッド→産褥ショーツ→とこちゃんベルトの順につける
  • 翌日ギャザーパッドが汚れてたらLサイズのパッドに変える
  • トイレで出したら、トイレペーパーで拭いてから清浄綿で拭いて、産褥パッド→産褥ショーツの順
  • 2日目の産後最初のシャワーは何があってもよいように、病室に人を置いて、お昼に浴びること
  • 入院日数は延長できた

妊娠39週目 妊娠性疱疹?PUPPP?

妊娠後期

妊娠32週のころにおなかの痒みが就寝時に我慢できないレベルになったと書きましたが、とうとう夜中に掻いた跡が日中にも薄く残るようになりました。
妊娠37週までは夜中に引っ掻いても日中には腫れが引いて跡がきれいに消えていたのに。

妊娠39週現在 おなかの湿疹の状態

今は就寝時とシャワー時におなかの痒いところが腫れ、掻きむしってしまいます。
炎症が広がってしまい、おなかの手で引っ掻きやすい部分がびっしりと蕁麻疹のような感じに腫れてます。一部は水ぶくれの状態で血も出ています。

私のおなかの痒みは妊娠性痒疹かと思ってましたが、妊娠初期にはなく、妊娠後期から臨月に入って一気に悪化したので、違うみたいですね。
私の場合は、今回が初めての妊娠で、妊娠後期から痒みがひどくなり、おなかから湿疹が広がっていて、日中に腫れが引くので、妊娠性疱疹かPUPPP(Pruritic Urticarial Papules and Plaques of Pregnancy)のほうが近い気がします。

現在の対処

今では痒くなると、痒くて痒くて、どれだけ我慢しようとしてもできない状態です。
ネット上の情報だと妊娠性なら光線治療がきくらしいですが、近くの皮膚科で光線治療ができるところを見つけられませんでした。
後少しで出産予定日なので、遠くの皮膚科には行っていません。
今は根性で引っ掻かないようにしています。

まず、掻きむしろうとしてもできないように、数日おきに手の爪を引っ掻く余地がどこにもないくらい短く切り、爪先は凹凸をやすりで削りました。寝ぼけて爪で引っ掻こうとしても、引っかからないのでこするだけになりました。

おなかの痒みが我慢できない状態になる度に、濡らしたタオルで痒い範囲を拭いてレスタミンコーワクリームを塗っています。
塗っても今では全然痒みがなくなりませんが、同じ掻くのを我慢するのでも、塗ったほうが腫れが早く引きます。

そして、寝るときはお腹に手を持って行かないように抱き枕やタオルを両手でつかんで寝ています。
痒みで意識が浮上する度、手元のものを握り直しておなかを引っ掻かないようにしています。
残念ながら夜中に目が覚める3回に1回は体のどこかを引っ掻いてしまってますが、少しずつ朝起きた時のおなかの赤みがましになってきました。

後少し、出産までの我慢です。

追記 妊娠性痒疹と妊娠性疱疹とPUPPPのメモ

妊娠性痒疹と妊娠性疱疹とPUPPPって何なのか、そのうち忘れそうなのでここにメモを書き写しておきます。情報の正確性は保証できないので、気になる人はご自分で確認をお願いします。

妊娠性痒疹 (にんしんせいようしん)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%97%92%E7%96%B9#.E5.A6.8A.E5.A8.A0.E6.80.A7.E7.97.92.E7.96.B9
https://en.wikipedia.org/wiki/Prurigo_gestationis (英語)
別名:Prurigo gestationis (Besnier prurigo, Early-onset prurigo of pregnancy, Linear IgM dermatosis of pregnancy, Papular dermatitis of pregnancy, Prurigo of pregnancy, Spangler's papular dermatitis of pregnancy)
時期:主に妊娠中期に発症
特徴:経産婦がなりやすい。掻痒性の丘疹。産後自然治癒する。次回妊娠で再発する
場所:躯幹、四肢の伸側。掻くと四肢、腹部、背部に広がる

妊娠性疱疹 (にんしんせいほうしん)

https://en.wikipedia.org/wiki/Gestational_pemphigoid (英語)
別名:Herpes gestationis
同義語:妊娠性類天疱瘡 (Pemphigoid gestationis)
時期:主に妊娠後期ないし産褥期に発症
頻度:5万分の1
特徴:蕁麻疹様の浮腫性の紅斑、小水疱。強い掻痒感。ほとんどは産後2~3カ月で自然治癒する。出生児に同様の皮疹を認めることがある。次回妊娠で90%が再発する
場所:腹部(とくにへそ周り)、臀部、四肢

PUPPP (Pruritic urticarial papules and plaques of pregnancy)

https://en.wikipedia.org/wiki/Pruritic_urticarial_papules_and_plaques_of_pregnancy (英語)
別名:PEP (Polymorphic eruption of pregnancy)
時期:主に妊娠後期に発症
特徴:初産婦がなりやすい。蕁麻疹様の浮腫性の紅斑、紅色丘疹。強い掻痒感。ほとんどは産後数日以内に自然治癒する
原因:不明。ただし乳製品摂取をやめると症状がでなくなる場合がある
場所:腹部(妊娠線が出たところから出やすい)。掻くと脚、胸、脇など体中に広がる

妊娠39週目 まだかな

妊娠後期

おしるしが来てからそろそろ分娩陣痛が来るのではないかと毎日思ってます。今のところ前駆陣痛しかきてないので、まだなんですよね。

分娩陣痛の兆候?

新月も近いし、分娩陣痛の前に起きる兆候のうち、破水はないものの以下が当てはまるのでそろそろじゃないかしらと思ってます。

  • おなかの一番膨らんでいる位置がへそより下がっている
  • 下痢になる
  • 強いおなかの張りと前駆陣痛がある
  • おしるしが来てる
  • 胎動の回数が減っている
  • 骨盤の周辺が痛い
下痢

先週の木曜日からなのですが、毎朝おなかを下しています。これは私の体のホルモンバランスが出産に向けて準備しているのではないかと、毎朝期待してしまっています。

腰の痛み

骨盤周辺の痛みは昨日から出始めました。胎動のたびに体勢を変えないと腰の奥がつった感じになって痛みます。

次の新月は26日の23時台。その前後に出てきてくれるのではないかと期待しています。