読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

35からの高齢出産育児記録

35歳で初めての妊娠・出産・育児記録

妊娠10週目 妊婦健診2回目

分娩予約を入た産科へ2回目の妊婦健康診断に行ってきました。
病院の診察券を忘れてしまいましたが、自分の診察券番号を覚えていたので何とかなりました。
今月初めての受診なので受付時に保険証も提出しました。

1回目の妊婦健診と同じく今回も尿検査と体重と血圧の測定がありました。

診察では痛みや出血がないか確認されました。
内診で、子宮頸がん健診のための採取と、おなか(かそのあたり?)を押して痛くないかの確認と、エコーで胎児の確認をしました。
前回私の勘違いで受けそびれた子宮がん健診も今日してもらいました。

胎児の座高は38 mm。
エコーの画面の中では小さな胎児が動いてました。

ピントが合ってないときはゆっくり動いているのに、エコーのピントが合う度にいやいやするように腕を振って動きが速くなってたので、もしかしてエコーって何か胎児の側にも変化があるものなのかもしれません。

今回診てくださった医師に気になることを言われました。
私の子宮に丸い16 mm くらいの筋腫があるそうです。
妊娠前に婦人科で丸い筋腫が子宮の外側にあると言われていたのでそのことを伝えたら、今日診察してくださった医師はこれは子宮の内側にあると思うと仰ってました。
便秘のせいで白く見えてはっきり見えないとも仰ってました。

よく見えないせいで外側のものが内側に見えただけならいいのですけど。どちらでしょう。次回にはわかるでしょうか。

内診後の診察?で便秘とつわりに利く薬を処方してもらうことになりました。
粉薬と丸薬で選べたので、喉に引っかからないように粉薬にしていただきました。
つわりによいというビタミンの注射もすすめられましたが、その時にとても気持ちが悪くて注射針を刺したら余計気が遠くなりそうでしたので断りました。

つわりがつらいと申告したら、いろいろアドバイスいただきました。

  • パンより米を食べるとよい
  • チョコレートなどクリーム系は便が出にくくなる
  • 寒天、生キャベツなど食物繊維のあるものを食べるとよい

今日の妊婦健診の支払いは、4千円未満でした。(母子手帳を出して公費負担にした分を除いてます)

帰ってから食後に今日処方してもらったつわりを軽減するしょうが風味の小半夏加茯苓湯と、便秘に利く粉薬(パントシン散+酸化マグネシウム)を飲みましたが、とってもまずいものでした。
つわりの気持ち悪さが吹き飛ぶ不味さでした。
丸薬にすべきだったかもしれません。